医師のいるクリニックで治す理由 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

AGA・薄毛は医師のいるクリニックで治すこと

 

医師

 

市販品の効果の信ぴょう性

 

AGAや薄毛に悩むならまず育毛剤の利用を考えるでしょう。あるいはスカルプシャンプーをはじめとするいわゆる薄毛に効果的とされる製品を手に取ったことは一度はあるのではないでしょうか。

 

 

それらの製品は本当にAGAや薄毛、ハゲに効果があるのでしょうか?

 

 

市販育毛製品

例えばサ○セスとか。最近ではノンシリコンシャンプーなども新しいジャンルとしてよく見かけます。
CMも頻繁にしていますし、シャンプーや育毛剤(育毛トニック?)などCMだけみてもいかにも効果がありそうですね。ですが正直なところ大企業が大量にCMを流しているような製品などは正直AGAや薄毛の改善にはなかなか効果は出ないのではないでしょうか。

 

 

また重要な点としてお伝えするなら、シャンプーでは毛は生えないということです。某ス○ルプDなどでシャンプーで薄毛が改善したような印象のマーケティングや情報が流れましたが、シャンプーは頭皮環境に寄与(汚れを落としつつ必要な皮脂を残すとか)するものでそれ自体は育毛効果はありません。

 

 

仮にシャンプーを変えて薄毛が改善したとすると薄毛の一因がシャンプーなどにあったのではないかと考えらますが、シャンプー事態が育毛効果を発揮するというものではありません。

 

 

このように間違った情報が印象が広く認識されているということです。

 

 

市販発毛薬

リアップなど市販発毛薬に関して医薬品で効果が謳えるとしても5%濃度のものを頭皮に塗布してもなかなか浸透せず効果のほどは疑問です。ミノキシジルの薬効は別にして、成分の濃度が薄ければいくらミノキシジルを頭皮の上から塗布しても浸透力は弱く効果が出るかどうかは疑問です。

 

 

より高い効果を得ようとミノキシジルやフィナステリドといった発毛薬(発毛剤)を個人輸入ショップや通販などから購入して使用するという手段も考えられますが、その薬の品質、安全性、副作用などが起きた場合の責任(個人輸入などを利用した購入は自己責任になります)など不確定要素(リスク)が多すぎます。

 

 

品質に関しては不純物が混入している粗悪品であったり、成分濃度が一定でなかったりして危険です。副作用も医師の問診を受けているわけでなないし経過もチェックできません。

 

 

育毛剤

AGAや薄毛に悩んだ場合、まず使用を考えるのは育毛剤ではないでしょうか。効果的な製品もあるのは間違いないでしょう。
副作用の心配のある発毛薬の使用より安全に使用できる育毛剤は多くの人が利用していて、メーカーの公表が中心ではありますが相当の効果を得ています。

 

 

M-034、キャピキシル、ピディオキシジル、バイオポリリン酸等々研究により発毛に有効とされる成分が開発され配合が進んでいます。しかもミノキシジルと同じ効果がありながら副作用がないなどのメリットが公表されています。

 

 

しかし育毛剤は医薬部外品か化粧品です。(化粧品として出しているものでも医薬部外品だと使用できる成分や配合量に制限があるので敢えて化粧品として出しているものも多いです。)
劇的(治療と言えるような)な効果ではなく、少し長い期間に渡って使用していって改善していくというスタンスが必要です。少なくとも3ヶ月〜6ヶ月の使用は必要です。

 

 

ただそこまでして使用しても効果が出るかどうかは分かりません。根気が必要なのに効果が得られるかどうかは先にならないと分かりませんし、もしかすると思うような発毛効果が得られないかもしれません。ですので確実かつ早期に発毛を得るというのであればクリニックでの治療がおすすめと言えます。

 

 

増毛やカツラ

 

これはAGAや薄毛の改善(治療)ではなくカモフラージュです。つまり根本的には全く改善していません。薄毛は進み始めると進行はするけど勝手には改善しません。カツラや増毛は頭皮に負担がかかりますしメンテナンスが必要です。

 

 

増毛は抜毛によって増毛したものも一緒に失ってしまいます。髪の毛が伸びれば結着部が浮いて不自然になります。散髪にも気を使います。カツラは使っている内に劣化するのでスペアが必要ですし、分かりにくくなっているとは言えやはりカツラと分かってしまいます。

 

 

費用もなかなかです。

 

 

発毛サロン

発毛サロンはクリニックではありませんのでそこで行われる施術はエステと似たようなもので治療ではありません。効果がはっきりしない薬液や装置、マッサージなどを使ったいわばエステサロンです。

 

 

しかも費用も効果で期間も長期に渡ります。またあれこれの売り込みやオプションなど費用がかさみます。そこまでやってもAGAや薄毛が治るかどうか医学的な根拠はありません。(クリニックではないのでとは言えませんが)。

 

 

治療はクリニックで

 

様々な手法はありますが、治療はやはり医学的根拠のあるクリニックで行うことが重要です。クリニックで行われるのは治療で効果が期待できます。

 

 

保険が利かない自由診療となり費用は高価になる傾向ですがそれだけに治療効果は高いです。医師とカウンセリングや問診の上、安全に配慮して治療が行われます。

 

 

もし確実に(かつ安全に)AGA、薄毛やハゲを治したいと考えるならクリニックや病院が最適です。治療内容によっては早期に治療改善が可能なものがあります。当サイトではクリニックでの治療について解説していきます。

 

 

関連ページ

育毛剤での薄毛対策と比較して
AGAや薄毛を治すために最も一般的なのは育毛剤です。最近は発毛薬に匹敵する有効成分も配合されるようになりましたが製品的には医薬部外品や化粧品の枠を出ることはできませんので長期間使っても結果は不透明です。やはり確実に薄毛を治すには病院・クリニックでの治療が確かです。
増毛・かつらは薄毛治療ではない
AGAや薄毛対策のひとつとしてカツラや増毛法はまだまだ根強く使用される手法です。気軽に薄毛を隠せるのが良い点かもしれませんが、メンテナンスが必要なばかりでなく費用も高額になり、また根本的な治療にはなりません。確実に薄毛を治すに病院・クリニックでの治療をオススメします。
発毛サロンの医学的根拠
AGAや薄毛対策として効果が出そうな発毛サロン。しかし実態はエステの延長に位置するもので施術も医学的なものではなくその根拠もはっきりしません。施術は長期間かつ高額になることが多く負担も大きいです。同じ施術を受けるのであれば病院・クリニックが近道で確実です。