育毛剤での薄毛対策と比較して | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

育毛剤、育毛シャンプーなどで行う育毛対策

 

育毛製品

 

薄毛・AGA対策で一般的に用いられているのは「育毛剤」ですね。

 

 

費用も手ごろですし少リスクで利用することができます。また薄毛対策と言えばまず育毛剤というイメージもあって利用者も多いのではないでしょうか。

 

「M-034」とか「キャピキシル」といった臨床でも結果が認められている発毛に有効とされる成分を使用したものが出ていて、それなりの効果が出て薄毛が改善されたという口コミやレビューなどからも利用者の期待値も高いです。(その他にも「ピディオキシジル」「プロキャピル」など様々な高機能成分があります。)

 

 

最近は様々な観点からより薄毛・AGAの改善を図るべく、サプリメントやスカルプシャンプーなどとセットでの使用を勧めることも一般的になってきています。

 

 

その分毎月の費用もかさんでも来るのですが、メーカーのホームページなどを見ると、それらと併用することでより効果が高まると期待させる内容になっていてついついセットで使ってみたくなります。

 

 

しかし薄毛には様々な原因があり、それを理解して利用しないと効果が得られない場合もあります。

 

 

育毛シャンプーの役割とは

 

シャンプー

 

またシャンプーに関しても「スカルプシャンプー」とか「育毛シャンプー」という名目で様々な製品が発売されていますが、それらに切り替えれば薄毛・AGAの改善に繋がるかといえば必ずしもそうとは言えません。

 

 

確かに従来の洗浄力の強いシャンプーに関しては、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうことで皮膚を保護する役目を担っている保護膜を失うことになり、返って皮脂の分泌をうながし過剰な皮脂となってしまい毛穴を詰まらせるなどしてそれが結果として薄毛へとつながるということは想定できます。こういう場合はシャンプーの変更が有効かもしれません。

 

 

あるいは石油系界面活性剤やパラベン、防腐剤といった頭皮に刺激のある化学物質が頭皮への悪い刺激となり薄毛の原因になっている場合は育毛シャンプーなどに切り替えることによって改善されることも期待できます。

 

 

しかしAGAの原因となる男性ホルモンの作用で生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)などの原因物質の影響も含め普通自分の薄毛の原因を素人が特定することは困難です。

 

 

つまり多くの場合薄毛は男性ホルモンに由来するDHTなどの影響が原因ですが、それ以外にも食生活や生活習慣、ストレスなども大きく関係していて、それが脱毛や薄毛・AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を強めて脱毛を促進させてしまうということもあります。

 

 

ですのでその改善に関しては(個人差もあり)これをやれば必ず改善するというものでもないでしょう。

 

 

したがってシャンプーを変えたから、またサプリメントを摂ったからと薄毛が改善するかどうかはそれらを継続しないと分かりませんし、ある程度効果を期待するなら育毛剤+サプリメント+育毛(非石油系やアミノ酸系の)シャンプー、そして生活習慣の改善などを踏まえた総合的な対策を行うことが重要です。

 

 

ひとつ明確に言えるのは、育毛シャンプーでは毛は生えません。あくまで頭皮環境を左右するものだということを認識してください。

 

 

育毛剤での育毛対策のメリットとデメリット

 

最も一般的な育毛剤での育毛ですが、冒頭申し上げたようにただ使えば効果が見込めるかというとそうではありません。効果を得るには薄毛やAGAを引き起こしている根本的な要因を知ることも重要で、その上で使うことが大切です。

 

 

そして育毛剤を使っての育毛対策ですが、メリット面とデメリット面があります。

 

 

例えばその効果に関しては個人差があり改善に時間を要する人もいて、そのような場合推奨される使用方法に則って忠実に行ったとしても発毛に至るまでには数か月かかることあります。

 

 

基本的には育毛剤は効果が出るまで数か月かかることを覚悟して地道に使うことが必要です。中には使用した育毛剤で効果が得られず(または効果が待てず)複数の製品を試して結果改善に至らず膨大な時間とお金を無駄にしたということもあるので、そうなった場合は本当に悲惨です。

 

 

体質的に使い続けても(結果として)効果が期待できない人もいるかもしれませんが、しかしその判断はなかなか難しいです。

 

 

育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤のメリットとデメリットをお伝えしますのでご参考にしてください。

育毛剤のメリット
育毛や頭皮環境改善に有効な成分で脱毛の抑制や発毛が期待できる
製品数の増加によって選択肢が増えるとともにメーカーの競争によってまがい物が少なくなってきた
通販でプライバシーを気にすることなく容易に購入可能
シャンプーやサプリも含めて総合的に対策を行える
費用面で一度に支払う額が増毛や発毛サロンなどに比べて少なくて済む
返金制度などがついており短期間での利用期間ではあるが返金が可能

 

 

育毛剤のデメリット例としては以下の通りです。

育毛剤のデメリット
長期間使ってみないと効果の有無が確認できない(結果効果が出ないことも)
一回当たりの出費はそこまで大きくないものの長期間の利用によって総額が高額になることも
比較サイトやランキングサイトはたくさんあるが信用性に欠けるものも多い
シャンプーやサプリも含め総合的な対策を行う方がより効果が期待できるが結果より費用がかかる
育毛剤だけでなく生活習慣や食生活なども含めた改善も必要(結果健康には繋がりますが)
毎日2回程度の利用を習慣的に行う必要がある(根気が必要でものぐさには毎日のケアが面倒)

 

 

最短かつ確実に薄毛・AGAを治すには

 

育毛剤の使用にはメリットとデメリットがあります。
どちらに重きをおいて考えるかによって判断は分かれるところです。

 

 

しかしいずれにしてみ育毛剤での薄毛・AGAの改善や脱毛防止は時間をかけることが求められます(覚悟が必要という意味でも)。
中には短期間で効果を実感するケースも少なくはありませんが、それは使ってみなければ分かりません。

 

 

どうしても不確定要素は存在します。

 

 

もし確実にかつ短期間での改善を求めるならクリニックでの治療が最適です。

 

 

予算によっては治療法の選択も様々にありますが、最近は自毛植毛などが確実にそして薄毛が再発するということもなく注目されています。クリニックでの薄毛・AGA治療の良さは医師とのやり取りで最適な治療法が選べるので、自分の症状や状態に合わせることが可能なので、そういう面でもオススメです。

 

 

ただしクリニックにも良し悪しありますので良いクリニック選ぶことが重要です。

 

 

関連ページ

医師のいるクリニックで治す理由
AGAや薄毛を治すために行う自己流の対策では思ったような結果にならないことが多いのでは。育毛剤や発毛サロンは発毛が約束されていません。また通販で海外製の発毛薬を購入して使う人もいますが副作用が心配です。安全早期に薄毛を解決するには医師のいる病院・クリニックでの治療が安心で確かです。
増毛・かつらは薄毛治療ではない
AGAや薄毛対策のひとつとしてカツラや増毛法はまだまだ根強く使用される手法です。気軽に薄毛を隠せるのが良い点かもしれませんが、メンテナンスが必要なばかりでなく費用も高額になり、また根本的な治療にはなりません。確実に薄毛を治すに病院・クリニックでの治療をオススメします。
発毛サロンの医学的根拠
AGAや薄毛対策として効果が出そうな発毛サロン。しかし実態はエステの延長に位置するもので施術も医学的なものではなくその根拠もはっきりしません。施術は長期間かつ高額になることが多く負担も大きいです。同じ施術を受けるのであれば病院・クリニックが近道で確実です。