発毛サロンの医学的根拠 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛サロンでの薄毛・AGA対策

 

サロン

 

発毛サロンも最近は一般的にも認知され利用者も増えています。
「リーブ21」「バイオテック」が有名ですね。カツラや増毛法を展開している「アデランス」「アートネイチャー」も発毛サロンを展開しています。

 

 

発毛サロンでの施術内容とは

 

発毛サロンでの薄毛やAGAを改善するための施術内容は、独自のノウハウに基づく洗髪や頭皮マッサージ、発毛促進効果があるとする薬液を使ったり発毛を促す効果があるとする(低周波や赤外線、オゾン発生装置などの)マシンを使って施術が行われます。

 

 

間違ってはいけないのは、発毛サロンはクリニックや病院ではない、ということです。

 

 

医師などを置いているようなところもあるようですが、一般的には頭皮の環境をシャンプーや独自の育毛剤、マシンやヘッドスパなどのサービスなどで改善して発毛を促す頭皮ケアが中心の施術を行う広い意味でエステ的な位置付けと言えます。

 

 

発毛サロンはまさしくサロンそのものなので、いわゆるエステティシャンのような人から施術を受けるのでゆったりと落ち着いた気分でマッサージなどの施術を受けることができますが、直接的な医療行為ではなく、頭皮ケアによる毛穴の汚れの除去や頭皮環境の改善を行うことで発毛を促す(と期待される)施術を行うことが目的と理解して利用することが重要です。

 

アミノ酸系の刺激の少ないシャンプーでの洗髪、ヘッドスパ、マシン(低周波や遠赤外線、オゾン発生装置など)による施術、そしてマッサージなどが行われるのですがこれは非常に気持ちが良く、各サロン違いはありますが例えば頭皮に暖かいシャワー(炭酸が含まれている等)を当てながらのマッサージを行ってたりしてくれるので気持ちがよく、それが人気の要因だったりします。

 

 

ただし肝心の発毛に関しては、一般的にはカウンセリングを含めた対応が行われるのですが医者が行うわけではないので医学的な根拠はありません。

 

おおよそは生活習慣の改善や十分な睡眠、食生活の乱れやバランスのよい食事の推奨などの指摘となり、それら要因から来る頭皮のコリや張り、血行改善の必要性を指摘され、サロンでの施術や補助的なサプリなどの摂取などを勧めらることとなります。

 

 

不安

 

 

当然、そういった施術で薄毛やAGAが軽減されたり解決に至る場合もありますが、医療ではないので代替医療なものとなり血行や栄養状態が要因ではない場合や、そもそも医療行為ではないので思うような結果が得られない場合も多いです。

 

もっと言えば発毛効果を謳える薬が処方できないので、時間とお金を使って施術を受けても効果が得られるかどうかはある意味ギャンブル的な要素があるのは否めません。

 

 

サロンでの施術になりますので当然のことながら費用は高額になりますし(最低でも数十万単位、年間で100〜200万円以上かかることも)、通う手間、併せて自宅でのケアも必要になったりと大変です。

 

 

施術は確かに病みつきになるくらい気持ちが良いのですが、高額であることや他のサービスとの併用が必要だったり(あるいは勧められたり)や長期間続けることで発毛サイクルなどを改善させるなどするので根気が必要な割りに効果のほどが不確定なのでよく検討することが重要です。

 

 

発毛サロンのメリット・デメリット

発毛サロンのメリットとデメリットをお伝えしますのでご参考にしてください。

発毛サロンのメリット
サロンと理解すれば気持ちにの良い施術が受けられる
頭皮環境の改善の観点で言うと、育毛剤などを使って自己流で行うよりもよい頭皮ケアが行える
発毛剤などの薬を使わないので副作用の心配はほとんどない
頭皮の悩みなどの相談ができるなど精神的なストレスから解放される
生活や食生活などを見直すきっかけになる(本人次第ですが)

 

 

発毛サロンのデメリット例としては以下の通りです。

発毛サロンのデメリット
クリニックではないので施術に関しては医学的な根拠ななく(ケアが中心)また治療行為は行えない
長期間のサロン通いが必要なことがほとんどで費用が高額になる
サロンに出向くことが必要な上、自宅でも補助的なケアが求められる
時間と費用をかけたにもかかわらず効果が出ないこともある
トータルの費用もさることながら1回あたりの費用も決して安くなく高額なので費用リスクは高い
サロンの施術以外にその他のサービスの併用が必要になったり勧められることがある

費用の目安ですが、リーブ21(半年コース[50時間]約97万)、バイオテック(脱毛進行抑制プラン[6ヶ月12回]約49万)、アデランス(発毛促進プラン[6ヶ月12回]約29万)、アートネイチャー(トータルコース[1年間24回]約55万)となっています。

 

費用は変更になることもあるでしょうしコースや施術内容、追加の施術が加われば料金は変わりますが、高額であることは変わらないでしょう。

 

ここで注意しなければならない点ですが、この限られた施術回数で本当に薄毛・AGAが回復するかということです。恐らくこの数倍の期間を要することも覚悟しなければならないということをよく考える必要があります。

 

 

発毛サロンとクリニックの違いを理解する

 

発毛サロンのメリットとデメリットを記載しましたが、重要なのは医療行為の行えるクリニックではないということを改めて認識することです。
あまり表立ってはいませんが、契約も高額なこと、施術以外の売り込みや効果に対してもトラブルが多く、安易な利用はオススメしません。

 

 

CMなどのイメージ効果であたかも薄毛・AGAの改善効果が高いようにも感じますが、あくまでエステと同じ位置づけなので効果が謳えませんし、施術をはじめてしまえばそれは長期間に渡ることを覚悟してください。

 

 

クリニックでは発毛薬を使った治療による薄毛・AGAの解消なので、より確実に悩みの解消が可能です。

 

ただし発毛薬を使った治療を採用した場合は副作用等の懸念もあるので、医師との相談をしっかりと行ってください。もし頭皮ケアなどの自然解消的な内容によって地道に薄毛・AGA解消を望む場合は発毛サロンがよいかもしれません。

 

しかしそういった判断もまずクリニックで医師と治療内容などをしっかりと相談した上で判断するべきです。治療内容も様々にありますし、いきなり発毛サロンに行くことを考えればリスクを闇雲に薄毛対策を行うリスクも無くせます。治療前のカウンセリングも無料であるところが多く、まずご自身の頭皮の状況を医学的な見地で判断を仰いだ方が良いので、一度クリニックかかることが良いのではないでしょうか。

 

 

発毛サロンに行く前にクリニックでのカウンセリングを受けるのが最適です。

 

 

発毛サロンのコストを考えると圧倒的におトクですし、確実性が変わってきます。

 

発毛サロンの数百万円も使うより、外科的な処置になりますが自毛植毛という方法もあります。薄毛・AGAが再発する可能性もほとんどなく注目されています。クリニックでは様々な治療法を選べる選択肢があり、医師とのカウンセリングのやり取りで最適な対策法が選択できるので一度ご相談されることをオススメします。

 

 

クリニックも良し悪しありますのでクリニック選びは重要です。

 

 

 

関連ページ

医師のいるクリニックで治す理由
AGAや薄毛を治すために行う自己流の対策では思ったような結果にならないことが多いのでは。育毛剤や発毛サロンは発毛が約束されていません。また通販で海外製の発毛薬を購入して使う人もいますが副作用が心配です。安全早期に薄毛を解決するには医師のいる病院・クリニックでの治療が安心で確かです。
育毛剤での薄毛対策と比較して
AGAや薄毛を治すために最も一般的なのは育毛剤です。最近は発毛薬に匹敵する有効成分も配合されるようになりましたが製品的には医薬部外品や化粧品の枠を出ることはできませんので長期間使っても結果は不透明です。やはり確実に薄毛を治すには病院・クリニックでの治療が確かです。
増毛・かつらは薄毛治療ではない
AGAや薄毛対策のひとつとしてカツラや増毛法はまだまだ根強く使用される手法です。気軽に薄毛を隠せるのが良い点かもしれませんが、メンテナンスが必要なばかりでなく費用も高額になり、また根本的な治療にはなりません。確実に薄毛を治すに病院・クリニックでの治療をオススメします。