HARG(ハーグ)治療 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

HARG(ハーグ)治療とは

 

頭髪

 

「HARG」とは「Hair Re-generative theraphy」の頭文字をとって名付けられている治療法です。「Hair Re-generative theraphy」の訳は「毛髪再生治療」という意味となり、毛髪の毛乳頭や毛包、幹細胞を呼び起こして発毛を促す治療法で、まさしく再生医療と言えるものです。

 

 

頭皮に薬液を塗って浸透させるというのではなく、極細の注射針などで確実に頭皮下に薬液を注入するのでクリニックでしか受けられない医療発毛という治療行為になります。

 

 

この治療法は「サイトカイン療法」とも言われています。

 

 

サイトカインとは細胞同士の情報伝達するといった細胞の相互作用を橋渡しする因子のことを言いますが、このサイトカインの特徴を生かした治療法です。カクテルの注入によってサイトカインが放出されることによって幹細胞の増殖や血管の生成がなされます。

 

 

様々な毛髪成長因子成分(AAPE)やビタミン類、毛髪の構成物質であるアミノ酸などの栄養素を混ぜ合わせた薬液(「カクテル」といいます)ものを頭皮に注入して浸透させて治療を行っていきます。
男女問わず治療が可能なのが特徴で、副作用もなくAGA治療においてフィナステリドなど副作用のある薬剤が使えな人に使える治療法です。

 

 

加齢によって成長因子が失われている場合でも毛髪を再生させることができる可能性が高いので、老若男女問わず行うことができ、また男性型脱毛症(AGA)以外の薄毛にも治療効果があるので幅広く薄毛で悩まれている方に対応できます。

 

 

HARG治療の内容

 

再生医療による毛髪の発毛ですが、治療である以上施術内容やリスクを詳しく知って治療を受ける必要があります。

 

 

例えば発毛剤に懸念される副作用はHARG治療ではあるのかどうか、どのような施術を行って治療が済むまでどれくらいの期間かかるのか、またその治療が自分に合っているのかどうかなど詳しくカウンセリングを受けた上で実行することが大切です。

 

 

治療方法

HARG治療の手法は、幹細胞と言われる細胞から抽出した成長因子(AAPE)やビタミン・アミノ酸を混ぜ合わせた「カクテル」というものを頭皮下に直接注入して毛髪のヘアサイクルを正常化たり休止している毛根を活性化したり1つの毛根から複数本の毛髪が生えるようくるようにして薄毛・AGAを改善、治療を行います。

 

 

この療法は、毛髪再生を促しすことで発毛剤による薬効による脱毛の抑制と発毛を促すのではなく自ら髪の毛を生やす力を取り戻す治療法です。日々薬剤の研究や調合についても効果が高まるよう研究が進んでいます。

 

 

さらに男女問わずその効果が期待できるだけでなく、AGA以外(女性型脱毛、ストレスや生活習慣などによる薄毛など)の薄毛にも効果が期待できることが特徴です。

 

 

いわゆる民間の(リーブ21など)発毛サロンとは違い、クリニックや病院で行う医療行為にあたるので効果の信ぴょう性は高いと言えます。

 

 

治療効果に関しては、これはどの医療行為にも言えることですが治療を受ける人の体質や薄毛の進行具合、頭皮の状態を含め個人差は出てきます。HARG治療の発毛効果は約90%と言われていますが、治療効果をしっかり得るためにはクリニックの選択と治療前のカウンセリングはとても重要になります。

 

 

カクテルの注入方法にもいくつか種類があり、注射針を使ってカクテルを注入するパピュール法、レーザーで皮膚にきわめて小さな穴をあけカクテル液を浸透させるフラクショナルレーザー法、頭皮表面にカクテルを注射するナパージュ法、医療用ローラーで浸透させるダーマローラー法、最近は針そのものを使用しないで炭酸ガスの圧力でカクテルの注入を行うエアーショット法などなど(他にも)様々な方法があります。

 

 

治療に使用されるカクテルとは

HARG治療について具体的な内容ですが、成長因子と毛髪に必要な栄養や育毛成分を混ぜ合わせた「カクテル」を頭皮に注入して治療を行っていきます。

 

 

一般的に治療に用いられるカクテルに含まれる成長因子はAAPEというタンパク質が用いられ150種類以上の成長因子(美容業界ではグロスファクターとかグロースファクターなどと言われるものです)が含まれています。クリニックによっては独自のカクテル配合やプラスアルファの薬剤を用いた治療もあります。

 

 

薄毛やAGAは男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素が結びついて生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛髪サイクルを狂わせ、髪の毛がしっかり成長して抜けるまでのサイクルを狂わせて早めてしまいます。髪の毛がまだ細い段階で抜けてしまったり、毛根が弱くなって抜けやすくなったりして最悪は毛母細胞などが活動を休止して眠ってしまい発毛しなくなってしまうようになります。

 

 

そこでカクテルという毛髪を促す、幹細胞(皮膚や筋肉の元となる細胞)から抽出した成長因子を混ぜ合わせたものを直接頭皮に注入するなどして治療するのですが、細胞の元「幹細胞」の眠りを覚まして(または毛根などを新たに作って)発毛をよみがえらせることを目的としています。

 

 

発毛率は90%以上と言われ、治療を受けた方人で早い人では1ヶ月、おおむね3〜4ヶ月で発毛が見えられ約6ヶ月で見た目にも発毛を確認できるほどになります。

 

 

カクテルの内容

カクテルはそれを施術を受けるクリニックによって違いがありますが、主なカクテルに配合される成長因子されるは以下のようなものがあります。

 

PDGF

(血小板由来成長因子)

血管を作り、ダメージを受けた部分の修復作用がある。頭皮や毛包を修復して発毛の促進や脱毛の予防効果が期待される。
Basic FGF

(線維芽細胞成長因子)

毛母細胞の増殖作用があり、発毛を促進する働きが期待される。
KGF

(ケラチノサイト成長因子)

髪の毛や皮膚の形成に必要なケラチン生成細胞を活性化する。発毛環境を整え毛包の成長を活発にして発毛を促進するとともに毛包を保護して脱毛の予防効果がある。発毛に必要不可欠なもの。
TGF beta1

(トランスフォーミング成長因子)

抜け毛をの予防を促進し毛周期を制御する働きが期待される。
HGF

(生体細胞成長因子)

休止期の毛包を成長期へ移行させ毛髪を強くさせる働きがある。
VEGF

(血管内皮細胞成長因子)

新しい血管の形成を助けて毛包に栄養を与え、毛髪の成長と増量に作用する。
Collagen, Fibronectin

(コラーゲン・フィブロネクチン)

細胞の接着や成長、結合組織の形成や修復作用
SOD

(活性酸素除去成分)

細胞を傷つける活性酸素の除去。

 

カクテルにはこのような働きを持つ成分が含まれていて、それらを頭皮に注入して育毛や発毛、AGA・薄毛の改善を図っていきます。カクテルに含まれるカクテルはクリニックによって違いがありますので注意してください(多いところで150種類〜少ないところで8種類程度まで)

 

 

ただしカクテルの注入方法や付随する治療内容によっても得られる効果が違ってくるなどクリニックごとにノウハウもあるのでそれらも確認してクリニックを選定してください。

 

 

治療は女性にも効果的で男性型脱毛症のみならずさまざまな薄毛に対応します。

 

 

カクテルに含まれる成長因子は人の幹細胞から抽出されるものですので、もともと人の体の中で様々な役割を持っているものです。それが注入されることによって毛髪の再生や増量、強化につながるということです。

 

 

従って男性ホルモンを抑制したりする作用ではなく、ヒトの脂肪から抽出した幹細胞を精製し、さらに成長因子の発毛を促す効果を与えたカクテルを注入して治療するので女性にも効果的でしかも年齢は関係なく治療することができます。効果はむしろ女性の方が高いとも言える(男性ホルモンの影響が少ないので)治療法です。

 

 

施術時間や治療に要する期間

HARG療法の治療に関しての1度あたりの施術所要時間は20〜30分程度、治療に要する所要期間は3〜6ヶ月程度(月1回程度、合計6〜12回程度の通院)です。

 

 

また発毛が確認され治療が完了したあとも経過観察も含めたフォローアップ診察(治療)が行われることが多く、しばらくは2ヶ月に1度程度の通院が推奨されたりします。この点もクリニックや治療効果によるところもあるので、かかったドクターやクリニックとよく相談してください。

 

 

施術費用

一般的には月1回程度の治療を6ヶ月〜1年間続ける必要があります。1回あたりの施術料金は10万円前後(20万円程度かかるところも)必要です。もちろん薄毛の状況によって費用は変わります。さらにこれらに加え診察料、内服薬等があればその費用、カクテルの注入方法の違いによるもの、プラスアルファの施術やノウハウがあればそれらが加わる場合もあります。最低でも数十万〜100万円はかかるものと想定されます。(もちろん個人差がありますので必ずカウンセリング等で確認を)

 

 

HARG治療のメリット
副作用のある薬剤を使わない

HARG療法のメリットは、いわゆるAGAなどの治療に用いるフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなどの製剤を使用しないため、これら薬剤で報告されている副作用の心配がないことが挙げられます。またこれら薬剤での治療は継続的に服用や使用をしなければならないという点が挙げられますがHARG療法は必要ありません。(ただしAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)などの脱毛要因が存在し続けていれば薄毛の進行は再び緩やかに起こるのでそれらの対処は必要だと考えられます。)

 

 

フィナステリドやミノキシジルを使用しないということはAGAなど男性型脱毛といわれる薄毛以外にも効果があり、女性にも利用できる点もメリットです。

 

HARG治療はカクテルによって休止状態にある毛母細胞などを呼び起こすことで発毛させるのでAGA以外でも発毛効果が期待できるということです。

 

 

フィナステリドなどは女性には使用できませんが(触ることもNG)HARG療法は男女問いません。

 

 

老若男女をと問わない

カクテルという成長因子を注入して細胞を活性化して発毛を促すことから年齢や性別を問わずに利用できます。もちろん細胞の働きが活発な若い世代ほど効果は期待できますが年齢などは気にせずに治療が可能です。

 

 

HARG治療のデメリット
薄毛の原因物質、治療後の持続性

HARG療法のデメリットで考えられるのは、発毛効果が得られた後でも薄毛の要因(例えばAGAの原因であるジヒドロテストステロンなど)が取り除かれない場合は緩やかに薄毛は進行していくこともあるので経過観察の内容によっては対処が必要です。(AGAであればフィナステリドの服用など)

 

 

費用面

またHARG療法のデメリットとしては料金面でしょう。最低でも治療には数十万〜100万以上はかかります。一般的には月1回程度の治療を6ヶ月〜1年間続ける必要がありますが、1回あたりの施術料金は10万円前後(20万円程度かかるところも)必要です。もちろん薄毛の状況によって費用は変わります。さらにこれらに加え診察料、内服薬等があればその費用、カクテルの注入方法の違いによるもの、プラスアルファの施術やノウハウがあればそれらが加わる場合もあります。

 

 

注意が必要なのは、費用を安くあげようと施術費が極端に抑えるクリニックなどを利用するのは注意してください。カクテルが正規品でなかったり使用する薬剤の濃度が低かったりすることがあるので飛びつかない様にしてください。

 

 

製剤について

ヒトの脂肪細胞(女性の腹部脂肪幹細胞)から抽出した成長因子は生物由来製剤なので、これは一般的な輸血や血液から生成された製剤にもいえることですがほとんどないとはいえ感染症の危険性が0%ではありません。

 

 

厳重に様々な検査が行われ、さらにガンマ線などによって殺菌された非常に安全性の高いものですが(HIVや肝炎といった感染症の可能性はないと言えます)、考えすぎではあるかもしれませんが数十年単位で見た場合に未知の感染症が発見される可能性はないわけではありません(心配はないでしょうが)。ただしそれは懸念に懸念を重ねた場合だと考えた場合で、そこまでの心配をする必要はないでしょう。

 

 

治療が受けられないケースは?

ほぼ薄毛で悩む人のほとんどは施術可能ですが、薄毛の進行度合いや外傷による傷跡などは発毛する細胞そのものが損なわれていることもあり、そういった場合は治療効果が得られない場合があります。治療可能かどうかはカウンセリングなどで確認してください。

 

 

またガンの人は治療は受けられません。成長因子がガン細胞を成長させるためです。

 

 

まずは無料カウンセリングを受けて確認を

 

治療効果が高く副作用の心配も少ないHARG療法ですが、費用は非常に高価なものになります。どの程度の治療が必要か、期間はどれくらいかかるのかなど心配な面は無料のカウンセリングを受けて納得するようにしてください。

 

 

また薄毛に関する心配事はカウンセリングを受けないと払拭されないので、ひとり悶々と悩んでいるならカウンセリングを受けてみた方が良いでしょう。自信の頭皮の状態も把握できるので一度クリニックに行ってみることをオススメします。

 

 

薄毛は自己判断で行うよりはクリニックで治療を受けた方が早期に解決できることが多いのでカウンセリングを受けてみてください。

 

 

詳しくはこちら

関連ページ

発毛薬での治療
クリニックでのAGA・薄毛治療で一般的なのが発毛薬による治療です。ミノキシジルやフィナステリドなどを用いて薄毛の進行を止め発毛を促し、高い効果を出すことができます。通常発毛薬は副作用が心配されますが医師の処方のもと健康面でも安心して診察にかかることができます。
自毛植毛
クリニックでのAGA・薄毛治療で外科的に治す施術法が自毛植毛です。薄毛の原因物質の影響を受けない後頭部から採取した毛根などを薄くなっているところに移植する方法で、一度植えたものは薄毛にならないので確実に治せる手段のひとつで、男女の性別も問わないのでおすすめです。