発毛薬での治療 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛薬(発毛剤)を使った薄毛・AGA治療

 

薬

 

育毛剤と発毛薬(発毛剤)の違い

 

発毛薬(発毛剤とも言えます)とはどんなものか、ですが育毛剤とは違う「医薬品」という位置づけになります。

 

 

育毛剤は、頭皮の環境を改善したり(その結果毛髪の正常な成長サイクルを取り戻すことを期待)、髪の毛の成長や脱毛の予防を目的とするもの、またはそれらの結果が期待できるものです。

 

 

世の中には、養毛剤、育毛剤、発毛剤(発毛薬)と一見区別しづらい名称や呼び方をしていますが、それらは全く目的や期待する効果が違っていると理解してください。さらに薬事法で区別も含め配合されている成分やその強さ・作用によって分けられていると考えていただければ良いでしょう。(また育毛と発毛は違うということも併せてご理解ください。)

 

 

内容を知らずに適当に使っていると時間と費用を浪費してしまうことになりますし、場合によっては副作用などもありますので注意が必要です。

 

 

まず育毛剤と発毛剤(発毛薬)の違いを明確に

上記でお伝えしたように育毛剤と発毛剤には違いがあり区別する必要性を申しましたが、その違いをどのように判断したらよいか。

 

 

例えば育毛剤と判断するにはどうしたらよいか?
ホームページやパッケージを見たら分かるのではと言われればそれまでですが、育毛剤と位置付けられているものだけを見ても明確に線引きがされている訳ではなく美容液とか養毛剤なども存在していて、意外に知らないことや分からないことは多いです。

 

 

例えば、インターネットを検索すると発毛薬(医薬品)とそれ以外をひとくくりにして育毛剤と表現しているケースや厚生労働省認可と紹介しているサイトもあるので、なかなか判断を迷う場合もあります。

 

 

紹介文に厚生労働省認可と表記してあっても医薬部外品なのか医薬品なのかによって、認可内容も効果効能も別物になるばかりか副作用に関しても分けて考えなければなりません。

 

 

当サイトでは医薬品として認可されているものを発毛薬(発毛剤)と位置付けます。

 

 

もし医薬品かそうでないかが分からない場合は、必ず公式ページなどを見て、医薬品(第一類・二類・三類)、医薬部外品、美容液等の記載を確認してください。特に医薬品に関しては誤用や規定量以上による副作用等の注意を促すために分かりやすく記載してあります。(商品名などど併記)

 

 

そこで育毛剤と発毛薬(発毛剤)のさまざまな違いについて簡単に説明します。

 

 

育毛剤

自然由来の成分を中心とした、毛髪の成長、頭皮の血行の改善や炎症の抑制、フケなどの抑制を目的としているのが育毛剤です。

 

 

最近は「M-034」とか「キャピキシル」など発毛薬(医薬品)に含まれている「ミノキシジル」と同等の発毛効果があるとされる成分や、(「ピディオキシジル」や「プロキャピルメーカー」、「アデノシン」などなど独自技術や思想で開発された成分などで各段に発毛効果が期待されるようになっているのも特徴です。

 

 

「医薬部外品」という医薬品と化粧品の中間的な分類となっているものが多いのも特徴です。

 

医薬部外品としての認可販売は成分配合内容に制約を受けるとして(納得のいく効果が得られないとして)医薬部外品として認可を受けないで「美容液」とか「化粧品」とし販売している場合もあります。

 

 

厳密には医薬部外品として認可を受けて販売しているものを「育毛剤」、そうでないものを「頭皮美容液」「化粧品」「スカルプエッセンス」などと呼称したりしますが、到達する目的は同じなので通常は育毛剤とくくっても良いのではと考えます。

 

 

なお医薬部外品とは作用が穏やかで(治療を目的としない)、予防や防止などを目的とするものをいいます。育毛剤であれば脱毛の防止、育毛を促すことを目的としているということです。

 

 

医薬部外品は薬用という表現をすることもあり、薬理作用がある成分は有効成分として記載しある程度の効果を謳っています。(劇的な効果を謳うのはNGで頭皮の炎症を抑える抗炎症、保湿効果という効果は表現することは可能ですが、「治る」と言う表現はできません。)

 

発毛薬(発毛剤)

一言でいうと薬の力で脱毛を止めたり、脱毛してしまったあとでも新たに発毛させるのが発毛剤です。

 

育毛剤が毛髪の成長、現状の毛髪の状況を進行させず維持(実際は発毛させることができたとしても)させることが目的ですが、発毛薬(発毛剤)は医薬品として発毛効果をはっきり謳っています(市販品で有名なのは「リアップ」)。

 

 

一般的にクリニックで用いられる発毛薬は「ミノキシジル」「フィナステリド(プロペシア)」がそれにあたります。

 

 

つまり薄毛を治すか、薄毛を進行させないか、の違いです。

 

 

発毛薬(発毛剤)は薬理効果から来る効果効能が謳える薬のようなものなので、薬局で薬剤師を通じての購入する医薬品や医師の処方によって手にする医療用医薬品として扱われています。

 

 

医薬品は第一類第二類第三類と分類されます。

発毛薬(発毛剤)と育毛剤の違いを解説しましたが、さらに発毛薬にも主要成分によって種類があり、またその種類によって発毛させるための薬理効果など違うのでそれらを理解して使う必要があります(副作用などの影響も違うため)。

 

 

医薬品の分類

分類 販売時の義務 販売者
第一類 特にリスクが高いとされる物が分類される。

適正に使用するため利用者に直接書面を使用して情報を伝える「義務」がある。

 

リスクとは、特に注意が必要な(または一般用医薬品としての市販経験が少なく安全性評価が確立されていない)成分。

薬剤師
第二類(指定第二類も含む) リスクが比較的高いとされる物が分類れれる。

適正に使用するために必要な情報を利用者に伝えるように努めなければならない「努力義務」

 

この分類には風邪薬や解熱鎮痛剤、鼻炎薬などに配合される成分が多く含まれる。

薬剤師または登録販売者
第三類 リスクが比較的低いとされる物が分類される。

情報提供の義務などはなく、ネット販売や通信販売での販売が可能。

 

この分類にはビタミン剤や目薬などに配合される成分が多く含まれる。

薬剤師または登録販売者

登録販売者とは、第二類と第三類医薬品を販売する資質確認のための都道府県が実施する試験に合格して登録された専門家的な者。

 

 

リスクの強さは効き目の強さ(薬効の強さ)になります。この分類で薬の効き目(の強さ)がある程度理解できますから発毛剤選びの判断基準にもなります。
ただリスクが分類されているとは言え、成分によってのリスクもあるので注意してください。

 

 

リスクが高い第一類であっても用法を守って使用すれば安全です。

 

 

ただし同じ成分でもクリニックなどで利用されるものは医師が処方するので、薬局で薬剤師から簡単な説明を受けて自分判断で使うよりは安全ですし、より効き目の高い薬の処方などをしてくれるので治療効果は高まると考えられます。

 

 

代表的な発毛薬(発毛剤)の種類、効果など

成分名 効果など 副作用など
ミノキシジル

 

配合製品として日本はリアップ、
海外ではロゲインなどが有名

元々は高血圧薬(血管拡張による血圧降下)として開発されたもの。

 

服用者に発毛効果が見られたことから脱毛症の治療を目的として販売され始めた。

 

日本で認可されているのは頭皮に塗るタイプ。

 

海外では内服するタブレットタイプもあります(塗るタイプより効果が高い。オススメしませんが海外から個人輸入されたものを通信販売などで購入して利用している人もいます)。

(全ての人に起こるわけではありませんが)頭皮のかゆみ、体毛が濃くなる(多毛症)、血圧が下がる、手足のむくみ、肌荒れ、性欲減退、動悸(どうき)など。

 

低血圧や降圧剤を服用している場合、心臓など循環器や肝臓に疾患がある場合は使用を控えてください。

フィナステリド

 

配合製品としてプロペシア、
プロスカー、フィンペシアなど

元々前立腺肥大の治療を目的として開発されたもの。

 

男性型脱毛症(AGA)の要因である、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素と結びついて発生するDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することで発毛効果を発揮。

 

医師の処方が必要で経口薬として処方される。医療用医薬品ではないので保険適用されない。

 

男性型脱毛症以外では効果を発揮しない。

 

オススメしませんが、医師の処方を経ない形で海外から個人輸入したものを通販などで購入して利用している人もいる。

性欲減退、勃起不全や精子濃度の減少や無精子症などの男性機能の減退、抑うつ症状、じんましん、肝機能障害など

 

また妊婦には触らせてはいけません。胎児が男子だった場合生殖器の形成に影響を及ぼすのためです。

カルプロニウム塩化物

(塩化カルプロニウム)

 

カロヤン、
アロビックス(フロジン液)

 

内服と外用がある

 

慢性胃炎などの治療でも用いられた。

ミノキシジルと効果は類似しているが効き目は弱く、日本皮膚科学会ではC1という用いてもあまり効果がないという評価。

 

塩化カルプロニウムが5%含まれているアロビックスは処方箋医薬品として認められてたAGAの治療薬。薬局で購入できる「カロヤンガッシュ」は1〜2%濃度で第三類医薬品として販売。

 

局所血管拡張作用によ血流改善を促し毛乳頭細胞を活性化して結果発毛に至る効果があるとされる。)

 

軽度のAGAならば使用しても良いかもしれませんが積極的にはオススメしません

ミノキシジルより効果が弱いので副作用も弱い。

使用した箇所に刺激感や熱感等を感じる、頭皮や全身の発汗、悪寒やほてり、かゆみなど。

 

気管支喘息、消化器系の腫瘍、甲状腺機能亢進症、てんかん、パーキンソン病、心疾患などを持つ場合、低血圧の人、妊婦などは使用をさけた方がよいです。

クリニックにかかる場合、医師の処方に従えば問題ないですが、自己ケアの場合は上記のような内容をよく理解して行うことが大切です。

 

 

発毛薬(発毛剤)を個人的に通販で購入することはオススメしません

第一類医薬品(ミノキシジルやフィナステリド)であっても実はネット通販などで簡単に手に入ります。個人輸入といった方法で海外製のものを取り寄せて販売しているケースが多いのも事実です。

 

 

薬局で手に入るリアップなどは効き目が弱いため効果が得られないことも多く、より強い効き目のものを購入して使用するといったことが多々あります。

 

 

ただしこういった医薬品を個人の責任になるとは言え医師の処方など無しで使用するのはオススメしません。

 

 

海外製のものは、まず薬の品質のエビデンス(根拠)がはっきりしませんケースも多く、有名な製薬会社製であってもその出所も分かりませんし何より成分の配合濃度が海外製は濃かったりして副作用の懸念が非常に高いことも想定されます。何より副作用があっても自己責任となります。

 

 

薬局で購入できるものより高い効果を求めて個人輸入品を販売しているサイト等でリスクを冒して購入するより、安全に確実かつ早期に薄毛やAGAを改善するならクリニックに行くべきです。

 

安全性や素人判断で間違った使い方をしないという観点からも、薄毛やAGAの治療は用法を適切にして安全かつ効果を最大限高めて行うにはクリニックでの治療が望ましいです。

 

 

発毛薬(発毛剤)の種類と効果、クリニックでの治療について

 

市販の発毛薬は効き目は限定的

市販発毛薬として代表的なのは「リアップ」ですが(テレビCMも放送されていますね)、発毛成分として「ミノキシジル」が配合されてます。またクリニックで処方されるものとして「フィナステリド」という成分なども有名です(薬名:「プロペシア」)。
カルプロニウム塩化物(配合製品名として第一三共ヘルスケアが販売している「カロヤン」(第三類医薬品)など)なども発毛成分になります。

 

 

ただし市販の発毛薬は気軽に手に入ることから効き目は弱く、クリニックなど医療機関での発毛薬治療に比べたら効果は低いと言えます。(なので個人輸入品などの購入に繋がるわけですね)

 

 

なお市販発毛薬はクリニックなどで処方される物と比べて効果は低いとは言え医薬品なので用法には注意は必要です。つまり副作用に関してですが薬である以上全く副作用を気にせずに使えばよいということではありませんのでご注意ください。

 

 

また効き目が低いといって大量に使用すればよいということはないので適切に使用することが大切です。

 

 

例えば風邪薬や鼻炎薬などもそうですが、服用すればつらい症状が緩和されるからと言って購入したお薬をいきなり全部服用する人はいないように(大量に服用したからといってその分効く訳ではないので適切に服用するということ)、適切に使うことが大切ということです。

 

 

風邪薬なら眠気、鼻炎薬ならのどの渇きなど辛い症状の緩和効果や治癒効果を得るための薬理作用に対して副次的に起こる副作用は、発毛剤も同様に発毛効果を得るための作用が効果効能として謳える分副作用にも意識する必要があるのですが、鼻炎薬などと同様それを理解して使えばよいということです。

 

 

育毛剤や美容液も決して副作用がないと言うわけでななく、その作用が弱いということですのでご認識ください(かぶれやかゆみなど肌に合わないケースなどもそうですね)。

 

 

クリニックでの発毛薬治療

クリニックでの発毛薬治療はより効果のある薬の使用と治療がなされます。さらに複数の発毛薬を用いて治療が行われるなど、よりAGA・薄毛、ハゲの改善効果を高める診療が行われます。

 

 

例えばミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)が用いられたりということです。フィナステリド(プロペシア)は脱毛要因物質を抑制し、ミノキシジルは血管拡張作用によってめぐりが改善され発毛を促すことから併用されることが多いです。

 

 

女性はフィナステリド(プロペシア)が使用できないので別な治療薬が用いられますが、男女関わらず発毛薬治療は行えるので薄毛に悩んでいるのならクリニックの門をたたいてみることをオススメします。

 

 

気になる副作用ですが、クリニックでの治療においては血液検査や問診で薬に対する影響や安全性が確認されますのでより安心して治療を受けることが可能です。そういった意味も含めクリニックは医療機関なので安心して治療を行うことができます。

 

 

クリニックでの発毛薬治療のメリット

治療効果をしっかり得るならクリニックでの治療を選択してください。薬局等でリアップなど手に入りますが、やはり処方なしで手に入る市販のものは効果が薄いのです。

 

 

またクリニックではフィナステリドなどでまず抜け毛の抑制した上で(DHTなど薄毛の原因物質の抑制)発毛効果のあるミノキシジルを使って発毛を促すなどの治療が行われますので、より高いAGA・薄毛の治療効果が望めます。

 

 

さらに発毛成長因子の液剤を頭皮に注射して成長シグナルを正常化して、毛乳頭や毛包に失われた成長因子や毛髪に必要な成分を補充し毛根の細胞レベルの活性化を施すなどの独自のノウハウで治療を行うことも可能です。

 

 

治療による体調面の不安、治療内容と治療方針など医師と問診の上治療が行われますので、安心して治療を受けることができます。

 

 

クリニックでの発毛薬治療のデメリット

発毛剤での治療のデメリットは、治療費面が育毛剤や薬局で購入できるリアップなどよりも相当かかるということです。ただしカツラや増毛、発毛サロンと比較してみた時、相対的にかかる費用の金額や治療に対する満足度などはかなり有利だと感じます。

 

 

つまりカツラや増毛は根本的な解決になりませんし金額も高くつきます。また発毛サロンは「治療」ではありませんので治療効果は証明できませんからクリニックでの発毛剤治療がオススメです。

 

 

ただしミノキシジルやフィナステリドなど発毛剤での治療は、薄毛の進行を止め発毛を促すには薬の使用を継続しなければならないという点がありますのでそれが最大のデメリットと言えるでしょう。

 

 

費用面

費用面の関してはクリニックによる治療法や薄毛の進行度合いによる治療内容によって変わって来ます。これは一概には言えませんので難しいところですが、発毛薬のみの治療なら数千円からと安価な場合もありますが、より効果を求めるなら数十万はかかることもあります。

 

 

成長因子などを頭皮に注射するなどのより効果を高める治療を行っているクリニックもあり、治療内容と費用、どこまで治療させたいかなどカウンセリングを受けて判断されるとよいでしょう。

 

 

ただしある一定の治療効果を得て以降の継続治療に関しても費用はかかるのでしっかりとカウンセリングの時に確認すると良いでしょう。治療内容によって一定の治療効果を得るための費用と継続費用は変わって来ます。クリニックでは無料カウンセリングなどで納得・理解が得られるよう説明があるので(またそういうクリニックを選ぶことです)、事前にしっかり相談してください。

 

 

無料カウンセリングなどでまずはクリニックで相談してみましょう。

 

クリニックというと少し躊躇(ちゅうちょ)してしまうところもあるでしょうが、一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。今の薄毛・AGAの進行度合いなどを知ることもできますし、小型スコープなどで頭皮から生える毛髪の状態も確認できるでしょう。

 

 

まず現状を知ることは重要です。

 

 

また治療方法なども(ミノキシジル等だけでなく)発毛薬の組み合わせや治療効果を高めるための技術、発毛剤と毛髪の成長を促す成長因子や成分との組み合わせなど治療技術の向上は目覚ましく、また最先端の治療法も含め選択肢も多いので、自己ケアを行うよりも効率的かつ効果的な治療が安全に行われるクリニックでの治療が最適です。

 

 

関連ページ

HARG(ハーグ)治療
クリニックでのAGA・薄毛治療で注目の治療法がHARG療法です。幹細胞から採取された成長因子や発毛に必要な様々な成分をまぜ合わせたカクテルというものを頭皮に注入することでも休止している毛根を活性化して薄毛を治します。副作用もなく男女の性別も問わないので非常に有効な手段です。
自毛植毛
クリニックでのAGA・薄毛治療で外科的に治す施術法が自毛植毛です。薄毛の原因物質の影響を受けない後頭部から採取した毛根などを薄くなっているところに移植する方法で、一度植えたものは薄毛にならないので確実に治せる手段のひとつで、男女の性別も問わないのでおすすめです。