HARG治療がオススメな人 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

HARG療法がオススメな人とは

 

HARG注射

HARG療法の選択ポイント

 

治療法を選ぶポイントとして、「発毛薬(発毛剤)・HARG療法」のいずれかか「自毛植毛」という選択になります。発毛薬やHARG療法は外科的な(グラフト採取とかそれを移植するといった)手術はありません。

 

 

自毛植毛はまさに移植用もドナー(移植する用の毛根を含めた皮膚)を外科的に採取しそれを薄毛部位の植えるという施術があるので、まず外科的施術受けるかどうかで判断することになります。
なお自毛植毛での治療に要する時間は、植毛の施術で最短1日ですし植毛後の傷口がふさがれば完了ということになります。ヘアサイクルが整って毛髪の長さが揃うことをまでを考えれば数ヶ月ですが治療に要する時間は短かいです。

 

 

ただし治療期間が短いとしても外科的処置を受けたくない場合の他の治療手段の選択に関しては、発毛薬を選択するのと同様の考え方になります。

 

 

  外科的な施術に抵抗があるかどうか

 

 

 

 

外科的な自毛植毛を選択しない場合には「発毛薬」での治療か「HARG療法」での治療かを選ぶことになりますが、「発毛薬」は副作用への配慮が必要なものの自毛植毛やHARG治療よりも治療費を安く押さえたい場合で選択する治療法になります。
(ただし発毛剤は一定の治療成果が得られたあとも薄毛の進行を止めたままにしようとすると薬の服用を継続する必要がありますので継続経費はかかります。)

 

 

つまりHARG治療の選択は、外科的な施術を避け費用は掛かってもいいのでミノキシジルはフィナステリド(プロペシア)などの薬剤に頼りたくないという場合の選ぶことになります。

 

 

  発毛薬の効果によって発毛が維持される治療には頼りたくない

 

 

もちろん発毛薬での治療においての副作用に関しては血液検査も行われますし治療中も注視されるので安心はできますが、どうしても治療効果に関しては薬の力に頼って発毛させているということになり自分の髪の毛の発毛力を取り戻したとは言えないというイメージがあります。

 

 

 

 

発毛薬治療においても成長因子を注射する施術を行っているところもありその場合はHARG治療と同じくらいの費用がかかるので、この場合でいうと「発毛薬+成長因子注射」、もしくは「HARG治療」の選択ということになります。
(HARG療法も治療後の観察で薄毛が進行があった場合はフィナステリドなどが処方されることもあります)

 

 

HARG療法はく発毛力を取り戻す再生治療なので発毛薬での治療とは異なります。
HARG治療以外でも発毛薬に加え成長因子の注入を用いる治療もあり、それも毛根細胞の活性化を図る再生治療と言えますがHARG療法とは区別されます。(使用されるカクテルも厳密には異なります)

 

 

HARG治療では一度正常化された毛髪の成長サイクルは、薄毛要因が再発しない限り発毛機能は維持される点も特徴と言えます。(場合によってはフィナステリドなどの使用もあります。)

 

 

  再生医療として自分自身の発毛力を取り戻したい
(ただし必ず満足ができる効果が出るとは限りません。また毛母細胞が失われている場合は発毛しないということも。)

 

 

 

 

またHARG治療を選ぶ理由として、AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛やハゲにも使える治療法です。ですのでAGA以外の薄毛にも効果があり、また年齢や性別を問わず治療可能だということです。発毛薬による治療がAGAに対する治療法だとするとHARG治療は治療範囲が広いと言えます。

 

 

発毛薬での治療において、女性にはフィナステリドが利用できないのでミノキシジル+フィナステリド以外の女性専用の薬剤での治療となります。HARG治療はこういうへの治療にも有効と言えます。

 

 

  AGA以外の薄毛・ハゲ治療にも利用可能

 

 

このような場合にHARG療法がオススメできます。

 

 

HARG治療による治療が向いているのは

 

上記のことからHARG治療がオススメな人は、

 

  • 外科的な施術に抵抗があるかどうか
  • 発毛薬の効果によって発毛が維持される治療には頼りたくない
  • 再生医療として自分自身の発毛力を取り戻したい
  • AGA以外の薄毛・ハゲ治療にも利用可能

 

という人が対象となる治療法と言えます。

 

 

また女性やフィナステリドが効かない人にも効果が見込めるなどメリットがあります。

 

 

「発毛剤+成長因子」という治療法もありますが、それとは異なりますので分けて考えてください。
なおHARG療法は副作用もなく薄毛要因が再発しなければ発毛し続けますが、再発の場合はフィナステリドなどの服用が必要になることもあります。(カウンセリングで確認してください。)

 

 

 

関連ページ

副作用や効果が出ないという心配は
自己細胞の活性化によって正常なヘアサイクルを取り戻し発毛を促すHARG治療ですが、高い費用をかけて効果がないのではないか、また副作用が出るのではないかなどの点が気になるところです。この治療法は非常に高い発毛率があるにも関わらず現在副作用の報告がない施術と言えます。