HARG治療法 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

HARG治療がオススメな人と副作用の心配

 

HARG

 

AGAや薄毛、ハゲの治療方法の選択は多岐に渡ります。外科的なものから育毛剤まで幅広いです。共通して言えるのはそれなりの費用がかかるということです。

 

 

治療期間にかかるトータル的な費用や治療法ごとにかかる費用などの違いがあり一概には言えませんが、治療期間は短くて確実に治療できるものであれば治療そのものにかかる費用は高額になっていきます。

 

 

そういう意味では育毛剤などは定期購入で考えれば月1万円程度(サプリや育毛シャンプー類を含めれば2万程度)と費用は安いですがコツコツと地道にケアを続けていくことになります。

 

 

ただし育毛剤は薬ではないので穏やかに薄毛を改善していくことなり、効果がみられる期間や発毛に関しては絶対的とは言えません。

 

 

もちろんミノキシジルなどに匹敵し(もしくはそれ以上)副作用もない成分を使用しているものが多数出ていますが、まずしばらく使ってみて効果が得られるかどうかを観察しなければならず、結果育毛剤での改善を断念してクリニックに駆け込むといったことが多いのも確かです。

 

 

そうなれば今までの育毛剤の費用は無駄になるばかりか時間も浪費してしまうことになりますので、最初から確実に治療を目的にクリニックや病院に行った方が間違いないと言えます。

 

 

クリニックでの治療法の中でHARG治療は再生医療のノウハウで細胞を活性化し薄毛を治す手法で副作用もなく注目の治療法です。
HARG治療についてどんな人がオススメで、どんな点が心配されるかなど解説していきます。

 

 

HARG治療法記事一覧

HARG療法がオススメな人とはHARG療法の選択ポイント治療法を選ぶポイントとして、「発毛薬(発毛剤)・HARG療法」のいずれかか「自毛植毛」という選択になります。発毛薬やHARG療法は外科的な(グラフト採取とかそれを移植するといった)手術はありません。自毛植毛はまさに移植用もドナー(移植する用の毛根を含めた皮膚)を外科的に採取しそれを薄毛部位の植えるという施術があるので、まず外科的施術受けるかど...

副作用や効果が出ないという心配は効果HARG療法の効果ですが、発毛薬での薬理的な効果ではなく休止している毛根や髪の毛を生やす細胞そのものを活性化させることで本来ある発毛力(ヘアサイクル)などを取り戻すということです。この治療法はAGAだけでなく、また年齢や性別問わず利用できることが特徴です。治療にはヒトの幹細胞から抽出した成長因子(AAPE等と言われます)や毛髪や細胞の活性化に必要なビタミンやアミ...