副作用の懸念や効果について | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

副作用の懸念や効果について

 

心配

 

効果

 

ミノキシジルの効果ですが血管を拡張することで血流が改善され毛髪への栄養のめぐりがよくなり発毛に繋がります。

 

 

フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成を阻害(男性ホルモンと5αリダクターゼの結びつきの抑制)し、男性型脱毛症による脱毛を抑制します。

 

 

クリニックでの発毛薬治療は上記の発毛促進と脱毛抑制の観点からミノキシジルとフィナステリドが併用して利用に道いられることが多いです。

 

 

ただし効果があるのはAGAだけでその他の脱毛症には効果が期待できません。(ミノキシジルは女性にも効果がありますが、女性の薄毛治療には専用に開発されたものが利用されたりもします。)

 

 

効果に関しては、発毛薬だけでなく成長因子などを兼ね合わせて治療する方法を取り入れたりと治療内容によって得られる効果や期間は変わって来ますが、治療を受けた人にのほとんど効果が出ています。あとはどの程度の期間薄毛を止めておくために発毛薬を服用するかということになります。(服用をやめると薄毛が再発するので)

 

 

副作用

 

ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)を使用した治療について心配されるのは副作用です。

 

 

ミノキシジルはもともと高血圧者に対して血管を拡張させるなどの作用から血圧を下げる降圧薬なので、健常者が服用すると動悸や低血圧といった副作用が心配されます。

 

 

またフィナステリド(プロペシア)は前立腺肥大の治療などに用いられてきた薬で男性ホルモンの抑制効果があることから性欲減退や精子減少などの副作用が心配されます。また妊婦に触らせてはならないという注意点もあるので、ご結婚されてこれから子供ができるなどがあればフィナステリドを使った治療を避けるか、治療中であればいったん中止するなどが必要です。

 

 

クリニックでの治療に関しては、カウンセリングと血液検査などが行われ(検査があるところを利用することが重要)、副作用の心配がないかどうか確認されるので安心できます。
よく個人輸入品などを通販で購入して使っている人がいますが、そういった品物は品質が粗悪であったり健康被害があっても自己責任となるのでオススメできません。

 

 

また治療中も体調面など注視されるので安心できます。

 

 

女性の治療にも発毛薬は使われます

 

女性の薄毛に関しては、ストレスや加齢によって女性ホルモンが乱れて男性ホルモン優位になることによって薄毛になるなどの原因があります。つまりホルモンの乱れから来る脱毛症ですね。FAGAといって女性型脱毛症とも言われます。

 

 

よく育毛剤で男女兼用として謳われて販売されているのは男性ホルモンが優位になっていることが薄毛になる要因のひとつであるこという理由から来ています。

 

 

しかし厳密にいうと男性と全く同じ成分を配合したものを使えばで良いかと言えば決してそうではなく、女性には女性のことを考えた治療や発毛薬を使用した方がよいに決まっています。また女性はフィナステリド(プロペシア)が使用できません。ですので同じ発毛薬での治療でも、「ミノキシジル+フィナステリド以外の薬剤」という女性向けの治療が行われます。

 

 

AGA専門のクリニックでも別に女性用クリニックを開設していたり別コースを設けているところがありますが理由はここにあるわけですね。女性は女性向けコースか専用クリニックを選ぶことをオススメします。

 

 

関連ページ

発毛薬治療がオススメな人
発毛薬での治療がおすすめなのはどのようなケースでしょうか。クリニックでのAGA・薄毛の治療はある程度費用がかかることが多いのですが、一番安価に結果を出す基本的な施術が発毛薬です。費用を掛けるものはその分早く確実に結果が出せますが、予算も含め医師と相談して手段は選択してください。