発毛薬治療がオススメな人 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛薬を使った治療がオススメな人とは

 

ハゲ

 

発毛薬治療の選択ポイント

 

治療法に関しては、「発毛薬(発毛剤)・HARG療法」のいずれかか「自毛植毛」という選択になるのではないでしょうか。発毛薬やHARG療法は外科的な(グラフト採取とかそれを移植するといった)手術はありませんが自毛植毛はまさに外科的に治療すると言う面があるので、まず外科的側面で判断し選択することになります。

 

 

治療期間に関して言えば、自毛植毛は植毛後に毛根が定着し自然なヘアサイクルで毛髪が成長するようになり実質的には何も気にせずに生活できるようになるレベルまでを考えれば数ヶ月と言えますが、ただ治療行為だけを考えれば施術は最短1日で終わりますし、治療期間は手術後傷口がふさがるまでと言えますので治療期間は短いと言えます。

 

 

しかし治療期間の長短に関わらず外科的な施術に抵抗がある場合は「発毛薬」「HARG治療」かを選択することになります。

 

 

  外科的な施術に抵抗があるかどうか

 

 

 

 

外科的な処置に抵抗があって自毛植毛ではない治療の方を選んだとして、発毛薬による発毛効果による(つまり薬効による)治療を選ぶかそれともHARG療法など幹細胞から採取された成長因子を使った(カクテル注入)再生医療という治療を選ぶかということになります。

 

 

外科的な施術の有無に加え、治療法をどちらにするかの選択は治療アプローチと費用面、治療期間面での判断になります。

 

 

ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)などの発毛薬はジヒドロテストステロンによる脱毛を抑制し発毛を促します。薬の効果が出て見た目に改善が感じられるには数ヶ月はかかるところですが発毛薬の薬理効果によってAGA治療を行います。

 

 

ただし薬理効果で効果を得ているので薬の服用をやめるとAGAは進行しますので、一定の治療行為による改善が見られたあとは日常的な発毛薬の服用を継続していくことになります。発毛薬に関しては若干ですが副作用にも配慮する必要があります。

 

 

ただ治療開始前に血液検査などで薬品に対する影響を確認し、治療中あるいは継続服用中に健康面の確認は行われますので必要以上に懸念することはありません。

 

 

片やHARG治療は成長因子による毛母細胞などを活性化することで本来の働きを取り戻す治療法です。治療が終わった後薄毛の原因が取り除かれない場合再度薄毛が進行することもありますが(場合によってフィナステリドなどの薬を服用することも)、数ヶ月(おおむね3〜4ヶ月で発毛が見られ6ヶ月で見た目にも発毛を確認できるようになります。)で治療は完了します。その後経過観察が行われることもあります。
副作用もほぼ心配ない治療法と言えます。

 

 

効果に関しては、薬理効果ではないので本当に治るのかと不安になるところですが高い発毛率を実現しています。もし効果がないならクリニックによっては治療費を安く抑えるために薬剤を変えたり濃度を薄くしているようなケースなどが考えられます。

 

 

発毛薬とHARG治療の違いはなにかというと、副作用への配慮治療費です。ただし発毛薬での治療の場合、薬の継続服用が必要ですので治療を止めるまでのトータル費用は一概には言えません。ここでいう治療費というのは直近6ヶ月とか1年間といった一定の効果を得るまでの期間ということになります。

 

 

それでいうとHARG療法は数十万〜100万円以上の費用を見ておく必要がありますがそれに比べて発毛剤での治療は安く収めることが可能です。
またカクテル注入時に痛みを伴うことがあるので、それを回避するため麻酔を必要とすることもありますのでそれも判断基準でしょう。

 

 

ただ発毛薬での治療を行うクリニックでもHARG治療とは異なりますが成長因子を注入して毛根の細胞の活性化を図り自分の発毛力を取り戻す治療を行っているクリニックがあります。(それを選択すると費用も高額になりますが、治療法を費用によって選択することもできるので安心です。)

 

 

発毛薬に加え成長因子を注射する治療を組み合わせた場合、治療費は高くなりますが発毛薬の確実性に加え自分の発毛力も取り戻せますのでオススメできます。

 

 

もちろんHARG治療や自毛植毛を行っているところでも発毛薬治療を行っているところもあるので、クリニックによってどういった治療法が選べるのかを調べて、その上でどの治療法を選ぶのかを考える必要があります。

 

 

  副作用への配慮と一定の治療成果が得られるまでの治療費
  発毛薬の確実性と成長因子注入による自己発毛力の回復を得たい

 

 

成長因子注入を組み合わせた治療を付加した場合は高額にはなりますが、発毛薬の確実性と自己発毛力の回復を得る治療も可能です。
(成長因子注入を付加したしようとした場合でも予算と内容を相談できますのでカウンセリング時に確認してくさだい。)

 

 

発毛薬による治療が向いているのは

 

上記のことから発毛薬治療がオススメな人は、

 

  • 外科的施術を伴う治療を避けたい
  • 副作用への配慮が必要でも一定の治療成果が得られるまでの費用を安く抑えたい
  • 予算ではなく薬理による発毛の確実性を取りたい(成果を得るためには成長因子の注入も可)

という人が対象となる治療法と言えます。

 

 

もちろん成長因子の注射などを行ってより治療効果を高めるような施術が行われれば料金は高くなりますので、カウンセリング時に納得のいくよう確認してください。

 

 

なお発毛薬による治療はAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型脱毛症という女性が発症するAGA)など男性ホルモンが影響する脱毛症に対する治療法なのでそれ以外の脱毛症には効果がありません。その場合はHARG療法や自毛植毛などを選択して下さい。

 

 

関連ページ

副作用の懸念や効果について
発毛薬でのAGA・薄毛治療ではどのような点に注意が必要でしょうか。一般的に薬を使った治療は副作用に注意する必要があります。クリニックでの発毛薬治療にも同様に注意が必要ですが医師のもとで血液検査など含めて施術が行われるので自己流で行う対策よりはるかに安全です。