発毛薬での治療 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛薬での治療がオススメな人と副作用などの心配

 

クリニック

 

AGAや薄毛、ハゲの治療法はいくつもあり費用もまちまちなのでどれを選択して良いか迷うところです。育毛剤からクリニックにいたるまで様々な治療手段がありますが、基本どれを選んでも正解です。しかし治療法の選択は悩みの深さや薄毛の進行度合、今までどんな対策を行ってきたか、そして予算によっても変わって来ます。

 

 

一般的には予算的に育毛剤から入っていくケースが多いですが、実際に満足のいく結果を得られるかどうかは不透明です。メーカー公称では実感率で多くの人が改善が見られたようになっていますが、口コミなどをみると育毛剤を断念してクリニックへの通院に切り替えたという声も多いです。

 

 

AGAや薄毛は大半が男性ホルモンが関係していますが細かくみると個人差があります。

 

 

例えば、もともと男性ホルモンの受容体の感受性が強い遺伝要素が強いケースもあれば環境要因が強いケースもあります。そういった違いがあるのに育毛剤で同じような効果が得られるというのはどうなのかということです。

 

 

もちろん育毛剤がダメと言っているわけではなく、最近の育毛剤はミノキシジルに匹敵し副作用のない成分などが配合されていて使ってみる価値はありますが、長期間使ってみて効果がなかった場合のショックは大きいでしょう。

 

 

そこで当サイトではクリニックでの治療を解説しているのですが、確実に治療が可能と言えるクリニックでの治療法について(特にこのページでは発毛薬を中心とした治療)どんな人がオススメで、どんな点が心配されるかなど解説していきます。

 

 

発毛薬での治療記事一覧

発毛薬を使った治療がオススメな人とは発毛薬治療の選択ポイント治療法に関しては、「発毛薬(発毛剤)・HARG療法」のいずれかか「自毛植毛」という選択になるのではないでしょうか。発毛薬やHARG療法は外科的な(グラフト採取とかそれを移植するといった)手術はありませんが自毛植毛はまさに外科的に治療すると言う面があるので、まず外科的側面で判断し選択することになります。治療期間に関して言えば、自毛植毛は植毛...

副作用の懸念や効果について効果ミノキシジルの効果ですが血管を拡張することで血流が改善され毛髪への栄養のめぐりがよくなり発毛に繋がります。フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成を阻害(男性ホルモンと5αリダクターゼの結びつきの抑制)し、男性型脱毛症による脱毛を抑制します。クリニックでの発毛薬治療は上記の発毛促進と脱毛抑制の観点からミノキシジルとフィナステリドが併用して利用に道いられることが多い...