自毛植毛がオススメな人 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

自毛植毛がオススメな人とは

 

自毛植毛

自毛植毛の選択ポイント

 

外科的な治療方法である自毛植毛を選ぶポイントとして、まず発毛薬やHARG治療が何度も通院し長期に渡っての治療期間(少なくとも3〜6ヶ月、あるいは12ヶ月程度)が必要であるのに対して、自毛植毛は治療行為自体は移植手術の完了によって終わる点が挙げられます。1度に植毛が終わらず数回に渡ったとしても6ヶ月や1年はかかりません。

 

 

移植した毛根から生えたものともともと生えている毛髪の長さがが生えそろうまでの期間は要しますが、それは時間の問題であって治療期間としては手術が終われば(経過を見る必要はありますが)完了です。

 

 

手術完了後、移植した毛根が生着すればそれは男性ホルモンの影響を受けることなく発毛を続けることになります。

 

 

発毛薬による治療はAGAの進行を止めて発毛を促し続けるためには薬の服用を継続しなければなりませんし、HARG治療も脱毛要因が作用し影響を受ければ脱毛が起こる可能性があります。
しかし自毛植毛は継続治療も必要なければ植毛した毛根に薄毛の再発はありません。(男性ホルモンが影響しない後頭部からの毛根移植のため)

 

 

  長期の治療期間を要さず治したい(生着までの時間は必要)
  施術が終わればメンテナンスフリー(つまり薄毛の完治)

 

 

 

 

さらに自毛植毛を選ぶポイントとしては副作用の問題があります。発毛薬に関しては血液検査などを経て安全に治療が行われるとは言え、薬剤を使用する限り副作用の心配はゼロではないということです。

 

 

また治療者の配偶者が妊娠をした場合、フィナステリド(プロペシア)は使用できないので一旦治療を中止しないとならないということもあります。

 

 

その点植毛は薬剤による治療ではないので副作用の心配はありません。

 

 

  薬剤による副作用の心配はない

 

 

ただし副作用とは言えませんが、坊主などの短い髪型が(ドナー採取等の傷跡のため)しづらいということはあるかもしれません。また術後麻酔によるしびれやむくみ、麻酔が切れたあと数日痛みが出ることもあるようです。

 

 

 

 

その他の選択ポイントは、グラフトの植え方によって生え際などのデザインが可能であったり生え方も自然な仕上がりにすることが可能です。

 

 

  生え際のデザインなどが可能

 

 

 

 

一見デメリットと思える施術に必要な費用ですが、長期で見れば返ってかからないとも言えます。
つまりメンテナンスが必要ない、継続治療が必要ない、ハゲが再発しないなど一度治療を終えたら以後薄毛の悩みはなくなることです。

 

 

仮にあまり費用がかからないように思える育毛剤でのケアでもそれが長期に渡ればそれなりに費用はかかります。

 

 

実は自毛植毛実践者の中には、少なからず他の対策や治療を行って良い結果が得られずにすがる思いで植毛を実践するという人もいます。

 

 

そうすると今までの育毛対策や治療に費やした費用が無駄になるばかりでなく、時間も無駄にしてしまったことになります。こういう事例を見ると、施術費用が数十万以上はかかってしまう自毛植毛にかかる費用でも決して高くないと考えます。

 

 

なお自毛植毛の費用は、術式、移植するグラフト数や密度、範囲や移植部位によって変わってきますので公式ページなどでまずは予測される概算を確認してください。
(少なくとも2、30万〜100万円は必要になってきます)

 

 

  費用は結果として高くないと言える

 

 

上記のようなことを考えると最初から自毛植毛で治してしまうという手段も有効と言えます。

 

 

自毛植毛が向いているのは

 

上記のことから自毛植毛がオススメな人は、

 

  • 長期の治療期間を要さず治したい(生着までの時間は必要)
  • 施術が終わればメンテナンスフリー(つまり薄毛の完治)
  • 薬剤による副作用の心配はない
  • 生え際のデザインなどが可能
  • 費用は結果として高くないと言える
  •  

 

という人が対象となる治療法と言えます。

 

 

女性にも用いることが可能な治療法になります。女性向けの薄毛対策としてもカツラ(ウィッグ)育毛剤などが出ていますが、実際はなかなか改善が見られないというケースは男性と同様多い悩みと言えます。

 

 

女性は男性ほど激しい薄毛にはならないので、自毛植毛も広範囲で行う必要がないなど利用しやすいメリットがあります。
最近はメスを使わず負担の少ない術式がどんどん開発されていますので、カウンセリングを受けてみて判断するとよいでしょう。

 

 

どの手法でAGA・薄毛を治すかというのは、一歩踏み出して納得のいくまでカウンセリングを受けてみることをオススメします。

 

 

 

関連ページ

術後の反動や失敗などの心配は
自毛植毛は外科的に施術を行うことでAGA・薄毛を治療する施術手法ですが、失敗しないかあるいは術後気を付けることがないかなど気になる点ではないでしょうか。最近は術式も多用になり精度も上がって来たことによって失敗なく自然な仕上がりにすることが可能になっています。