術後の反動や失敗などの心配は | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

術後の反動や失敗などの心配は

 

自毛植毛

 

自毛植毛の効果

 

カツラは増毛法などは根本的なAGAや薄毛の解決にならないばかりか初期費用・メンテナンスにかかる費用は非常に高額です。発毛サロンはあくまで民間療法で治療ではありません。

 

 

発毛薬やHARG療法は、クリニックで行う治療になりますが治療は数ヶ月〜12ヶ月と長い時間を要します。さらに発毛薬での治療は薄毛を抑止して発毛を促し続けるには薬の服用を継続しなければなりませんし、HARG療法も脱毛要因が取り除かれない場合、再度薄毛が進行してしまうこともあり、この場合はフィナステリド(プロペシア)などの服用が必要になる場合があります。

 

 

そういった観点から自毛植毛の効果とは、移植したグラフト(毛根や毛包を移植しやすいよう株分けしたもの)は男性ホルモンやジヒドロテストステロンなどの脱毛要因の影響を受けないことからメンテナンスや継続治療の必要がないという点にあると言えます。

 

 

治療に要する時間も術後髪の毛が生え揃うまでの時間はかかりますが短期間済みますし、メンテナンスがないということで総合的に安く収まる可能性も高いです。また施術後の毛髪の生え方も自然ですし、薄毛の不安から解放されるという安心感も大きな効果と言えるでしょう。

 

 

自毛植毛に副作用はあるのか

 

自毛植毛に関しては薬剤などを使った治療ではありませんのでそういった意味での副作用はありません。

 

 

しかし外科的な面では移植用の毛髪を採取したりそれを植毛する際の出血はあります。痛みに関しては麻酔を使うので感じることはありませんが麻酔が切れた後は痛みを感じるかもしれません。

 

 

場合によっては麻酔によるしびれ、ドナー採取した部位のツッパリ感、術後の患部のかゆみ、頭皮のむくみやハレなどがあるかもしれません。ただし自然に回復しますので心配ありません。

 

 

場合によって移植した毛髪が一時的にくせ毛になることもあるようですが、これも元通りになっていくので心配ありません。

 

 

一時的な脱毛

自毛植毛において起こりがちなこととして、移植した毛髪が生え変わる過程のなかで一旦脱毛することがあります。これは毛髪が新しく生え変わるために必要なことなので不安になる必要はありません。

 

 

ショックロス

このショックロスは、植毛した毛髪が生え変わるのではなく植毛した部分の周辺毛が一時的に抜け落ちる現象です。ごく稀に起こる現象で誰にでも起こるわけではありません。原因はよく分かっていませんがいずれ生え揃っていくので心配はありません。

 

 

定着率を上げるために

 

術後植毛したグラフトの定着をより高めるためには留意した方がよいことがあります。
特に植毛後数日に注意すること、2週間程度まで注意することなど記載しますので参考にしてください。

 

 

術後数日注意すること

術後数日はアルコールの摂取は控えてください。アルコールの摂取は血流が激しくなるので幹部のハレや痛みに繋がることがありますので避けた方が良いでしょう。
また麻酔の影響が残っていることもあり車や工作機械などは危険を伴うので避けてください。

 

 

患部が痒くなることがあり、知らないうちにかきむしってしまうこともあるので、かゆみ止めなどを処方してもらうことも考えておいてください。

 

 

術後2週間程度まで注意すること

術後しばらくは洗髪には配慮してください。
頭皮をしっかり清潔にしたいところですが植毛したものが定着するまでは特に術後2週間はデリケートに扱うべきですので医師によく聞いてその指示に従ってください。

 

 

さらに、これは薄毛の予防と同じことですが生活習慣や食生活などは注意してください。頭皮に負担がかかるような乱れた生活は定着に影響することも考えられます。
術後の過ごし方は体調にも影響してしまうこともあるので、ぜひ規則正しい生活を送ってください。

 

 

睡眠をしっかりとることで患部の回復に繋がりますし毛髪の成長を促進します。またストレスは元々薄毛の要因にもなりますが術後にもよくありませんのでストレスの軽減や解消できるよう心掛けてください。

 

 

他の留意点としては、激しい運動や水泳を避ける強い紫外線を浴びせない様にするカツラの使用や毛髪のカラーリング、パーマなどは毛髪や頭皮(もちろん植毛患部)の負担になるばかりか薬剤の刺激が強いので避けてください。

 

 

クリニック選びと術式の選択は重要

 

自毛植毛を行うクリニックはその需要から多くなっています。また術式も選択肢が増えて来ていますのでどういったクリニックを選んでいいか中々判断を迷うことも考えられます。

 

 

よくあるのが住んでいる地域の最寄りのクリニックを安易に選んでしまうということですがこの判断は失敗のもとです。

 

 

施術量と経験が豊富な医師・クリニックを選ぶことが重要です。
さらには自毛植毛だけではなくカウンセリングの結果によってはそれ以外の治療法が選択できるのも必要なことかもしれません。

 

 

 

関連ページ

自毛植毛がオススメな人
自毛植毛は外科的にAGA・薄毛を治療する施術手法ですがどのような人にオススメの治療なのでしょう。発毛薬やHARG療法は治療期間が長期になるのに対して植毛は術後毛髪が生え揃うまでには時間を要しますが施術自体は時間はかかりません。また一度植毛したら再発しないので根本治療が可能です。