自毛植毛でAGA薄毛治療 | 【ハゲを治す!】AGA薄毛は病院・クリニックで早期解決

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

自毛植毛がオススメな人と副作用などの心配

 

自毛植毛

 

AGAや薄毛・ハゲ治療をクリニックで行う場合、発毛薬やカクテルなど薬液を使って治療を行う手法と自毛植毛のように外科的な施術を行う手段とがあります。

 

 

自毛植毛は自分の後頭部からドナーと言われる移植用の頭皮と毛髪とを採取し、グラフトという単位に株分けして薄毛の部位の移植する治療法です。
発毛薬やHARG治療はあくまでもともとある毛根のからの発毛を目指すものですが、植毛は発毛能力のある細胞を植え付ける外科的な施術になります。

 

 

ドナー採取の術式や移植法に関しては様々な方式があり、広い範囲への植毛か狭い範囲での植毛か、あるいは植毛密度などによって術式には向き不向きがあります。

 

 

ただ最近の術式トレンドとしてはメスを使わない方式を採用するクリニックが多くなっています。それは患者への負担や移植後の傷跡、移植後の生え際や毛髪の生え方がより自然になるようにという理由も含まれます。

 

 

自毛植毛の特徴は、一度施術を受けた場所(移植した毛根など)はAGAの再発がほぼないという点です。理由は後頭部や側頭部は男性ホルモンの受容体が頭頂部や前頭部と比べて少なく、それは移植後も引き継がれることからAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの影響を受けないからです。

 

 

自毛植毛で移植し正常なヘアサイクルで生え変わるようになった毛根(毛包)はそのまま機能し続けます。つまり外科的にAGAや薄毛を治してしまうということになります。

 

 

発毛薬やHARG療法でも解説しましたが、外科的な施術のため傷跡が残ったりドナー採取にも限度があるため、それらを避けたい人はこの治療法以外を選択することになるのですが、内容を把握せずに毛嫌いしているケースも多く外科的な施術はヘアサイクルの改善を待たなくてもよく治療期間も短くて済みますので一度カウンセリングで内容を確認してみることをオススメします。

 

 

自毛植毛でAGA薄毛治療記事一覧

自毛植毛がオススメな人とは自毛植毛の選択ポイント外科的な治療方法である自毛植毛を選ぶポイントとして、まず発毛薬やHARG治療が何度も通院し長期に渡っての治療期間(少なくとも3〜6ヶ月、あるいは12ヶ月程度)が必要であるのに対して、自毛植毛は治療行為自体は移植手術の完了によって終わる点が挙げられます。1度に植毛が終わらず数回に渡ったとしても6ヶ月や1年はかかりません。移植した毛根から生えたものともと...

術後の反動や失敗などの心配は自毛植毛の効果カツラは増毛法などは根本的なAGAや薄毛の解決にならないばかりか初期費用・メンテナンスにかかる費用は非常に高額です。発毛サロンはあくまで民間療法で治療ではありません。発毛薬やHARG療法は、クリニックで行う治療になりますが治療は数ヶ月〜12ヶ月と長い時間を要します。さらに発毛薬での治療は薄毛を抑止して発毛を促し続けるには薬の服用を継続しなければなりませんし...